« 結 び | メイン | 焼き網 »

2010年11月11日

文化鍋

文化鍋とは今でこそいえますが 何とも昭和の戦後の復興期を想起させるような レトロな雰囲気のネーミングですね。
しかし未だ名前も変えずに生産されている 超ロングセラー商品の一つでもあるのです。。
この鍋はカマド(京言葉ではおくどさん:タイル張りでしたが見たことのない方も多いでしょうね)からガスコンロへの移り変わりに合わせて 羽反りとも呼ばれた鉄製のお釜の代わりにつくられた炊飯鍋です。
この鍋の発売時に「はじめチョロチョロ 中パッパ」 のフレーズが生まれたとも言われています。
全体が厚手のアルミ製(ステンレス製もございます)で どの位置でも均一に加熱され ご飯がふっくらと炊き上がります。
また渕高設計は 吹きこぼれを防止します。
この技術革新モデルチェンジ全盛の時代にあって 名前もデザインも発売当初のまま というところが何とも気分が良いですね。
そういえば近年ヒット中であります四日市の炊飯用の土鍋も この形状をそのまま踏襲していますね。

サイズはお一人用の14~26cmまで2cm刻みで7点です。

投稿者 Sugino : 2010年11月11日 03:29

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sugino-toki.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1856

コメント

コメントしてください




保存しますか?