« 豆腐づくり器 | メイン | イカ墨 »

2012年01月21日

若狭箸 

福井県の嶺南地方に位置する小浜市でありますが アメリカの第44代大統領となった 同じ発音のバラク・オバマ氏を応援したことで 一躍有名になりましたね。
只今予備選が始まり,向う1年掛けての選挙戦 今年の米国は大統領選一色となるのでしょうね。
若狭塗も国の伝統的工芸品の指定を受けていますが 取り分け若狭箸となりますと 箸の国内シェアーが8割を超えるという特産品であります。
因みに当然ながらこのオバマ大統領にも この若狭箸が贈られています。
また起源はハッキリ致しませんが 17世紀の初頭に旧小浜藩の御用主が 中国の「存清」という技法にヒントを得て始まったとも言われている 「研ぎ出し変り塗」という技法で 卵殻や貝片 松葉や絹糸など 身近にある素材を利用して装飾しています。
若狭湾に揺らめく海草を連想させる文様は 神秘的で幻想的な美しさを持ち合わせていますね。
そんな芸術品ともいえる箸なら兎も角 普段使いのお箸であっても お箸を両手で支え 「いただきます」と同時に一礼する挨拶は 食材をつくってくれた人 料理を用意してくれた人に対して 感謝の気持ちを表した日本固有の表現作法であります。
何とか大切にしていきたいものですね。

お箸がなければ食事が始まらないと心して 貴方の食卓にお届け致します。

投稿者 Sugino : 2012年01月21日 04:33

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sugino-toki.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2299

コメント

コメントしてください




保存しますか?